読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhoneやMacでMMS受信やWebページ閲覧でパスワードなどが盗まれる脆弱性、最新OSで対処済

iOS Mac Apple Watch iTV・Apple TV

iOS9.3.3やOS X 10.11.6よりも前のバージョンに、MMSなどを受信するだけで端末のパスワードなどを盗まれる脆弱性があることが判明。

Cisco TalosForbesが報じており、日本語ではGIGAZINEiPhone Maniaが参考になるかと。

要点を抜き出してみると、

  • Androidで話題となった「Stagefright」と同様の脆弱性
  • iOSやOS X、tvOS、watchOSの古いバージョンが対象
  • iOS9.3.3やOS X 10.11.6など最新バージョンでは修正済み
  • MMS・iMessageでTIFF形式ファイルを受信したり、感染したSafariのウェブページなどに仕込まれたTIFFファイルから端末のパスワードや各種認証情報などを抜き取ることが可能に
  • イメージデータを扱うクラス「ImageIO」に含まれる脆弱性を悪用
  • Appleのセキュリティ機構sandboxによって、iOSの場合は脱獄していなければ端末全体を乗っ取られる可能性は低い
  • ただし、OS Xではsandboxでも防御できない

したがって、iOS9.3.2やOS X 10.11.5を含む前のバージョンのOSを利用している場合は、この脆弱性を悪用される可能性があります。でるだけ最新バージョンにアップデートしておく方が無難です。

Apple セキュリティアップデート - Apple サポート