こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS11で標準メールのフェッチ受信が進化、Gmailもプッシュ並みに受信可能?

iOS11の標準メールAppでGmailのプッシュ受信が可能になった?
9to5Macは「iOS 11 appears to restore Gmail push in Apple Mail」という記事でiOS11でのメール受信に変化があったことを伝えています。

これを読んで、サードパーティアプリなどを使わずにiOSの標準メールアプリでGmailのプッシュ通知を受け取れると思わず喜んでしまいましたが、最初に書いておくと、どうやらGmailはいまだフェッチを使うようです。
ただし、iOS11の標準メールアプリに登録したGoogleアカウントの通知が速くなったことを複数のユーザーが報告しています。
9to5Macが試したところ、Google Gmailアプリのプッシュ通知と同じくらい速く標準メールアプリの通知が届くようになった模様。

通知が速くなったその秘密は、フェッチ項目に「Automatically」(自動)という選択肢が追加され、その下に「電源とWi-Fiに接続されている場合新しいデータをバックグラウンドで取得します」と説明が追加されていることのようです。



プッシュとは、「可能であれば新規データをサーバから自動受信します」。一方、フェッチは次のスケジュールに従いデータを取得します。
iOS10では、フェッチは「15分ごと」「30分ごと」「1時間ごと」「手動」の4つから選択できます。
iOS11では、それらに加えて「Automatically」(自動)が追加されました。

そこで、Gmailのフェッチで「自動」を選択し、iOSデバイスを電源に接続しWi-Fiに接続しておけば新しいデータをバックグラウンドで取得できるようになるのだと思われます。

iOS11はまだ一般公開されていないので、どのくらい速くなったのか自分で体験することはできませんが、iOS11の標準メールアプリでGmailを再び便利に使えるようになるかもしれません。

iOS11の新機能や使い方はiOS 11カテゴリーやiOS Tipsカテゴリーにまとめてあります。