読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPad2もiPad3もiPad miniもついにさよなら、iOS10でサポート対象外

iOS

「iOS 9」ではサポートされていた「iPad 2」「iPad 3(第3世代)」「iPad mini(第1世代)」は、「iOS 10」にアップデートできなくなります。少なくともiOS10のプレビューページではサポート対象外となりました。

CNET Japanは、LocalyticsのiPadシェアデータをもとに伝えています。
2016年3月のiPadシェアを見るとiOS10は「現在使用されている全iPadの約40%が使えなくなる可能性」。

iPad2はiPad全体の17%、iPad mini第1世代は15%、iPad3は9%を占めています。合計で41%です。
一方、最新のiPad Proは1%、iPad mini4は2%しかなく、iPad Air2でようやく12%です。これらをすべて合計してもiPad2の1デバイスさえ及びません。



iOS10が今年の秋に正式リリースされれば、古いバージョンとなってしまうiOS9にはセキュリティアップデートやパッチが提供されなくなってしまうでしょう。
もちろん、現在でもiOS7やiOS8を使っているiOSデバイスも存在するとは思います。それらはセキュリティ上の懸念やアプリのアップデートができないまま使えていることもあるでしょう。

私は、iPad2、iPad3、iPad miniのすべてをこれまで購入しました。iPad3は最近中古ショップに買い取ってもらいましたが、iPad miniとiPad2は友人や家族にプレゼントしており、今も現役で使ってもらっています。彼らには今後サポート対象外になることを知らせました。


スポンサーリンク


当初、iOS10のプレビューページではiPad2、iPad3、iPad mini、iPod touch第5世代はサポート対象に含まれていました。
それが以下のスクリーンショットです。

しかし、ここで赤で示したiOSデバイスは後になってサポート対象から除外されました。

Appleが変更しない限り、多数を占める旧iOSデバイスユーザーは、今後、新しいデバイスへの買い替えをしなければならないでしょう。しかし、現在はまだプレビュー段階なので変更の可能性はあります。旧デバイスユーザーが主張し、その声が大きければ、もしかするとAppleも変えざる得ないかもしれません。

Apple Store

Amazon.co.jp