読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの空き容量を増やす方法 ストレージのクリーンナップのように写真や動画を消さずに領域解放

iOS

簡単に無料でiPhone、iPad、iPod touchのストレージの容量不足を解消する方法です。
16GBモデルなど容量の小さなiOSデバイスや空き容量が少なくなったiOSデバイスで特に効果的です。
iOSデバイスで映画をレンタルしダウンロードをする動作を行うだけなのですが、自分のiOSデバイスの空き容量よりも大きなサイズの映画を選びダウンロードできない状態にすると、なぜか空き容量が自然に増えているのです。実際にレンタルするのではないのでお金もかかりません。
Windowsの機能であるように、ストレージをクリーンナップし無駄なスペースを解放してくれるような、そんなイメージ感じです。

今回、iPad mini2とiPhone5(ともに16GBモデル)で試したところ、前者で試す前に2.6GBだったのが結果3.3GBとなり0.7GB(=700MB)空き容量を増やすことができました。自分で写真や動画や音楽などを削除しなくてもこれだけで2割以上増えたことになります。
空き容量が足りなくなっているときこそ試してみたい方法だと思います。

やり方はとても簡単です。以下、Cult of Macを参考に自分で試してみました。


1.空き容量を確認

最初に、設定→一般→情報を開き、「使用可能」欄に表示されている空き容量を確認します。
今回試したiPad mini2 Cellularでは2.6GBでした。


次に、iTunes Storeを開きます。

2.iTunes Storeで映画を選ぶ

映画をタップし、適当な映画作品を選びます。その際、作品のサイズが自分の空き容量よりも大きく、且つできるだけ容量が大きい作品を選ぶのがポイントです。
ここでは「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」を選択しました。
この作品は1080p/HDで6.48GBあります。自分のiOSデバイスの空き容量は2.6GBだったのでそれよりも大きいです。


作品を選んだら「詳細」をタップしサイズを確認。

3.映画のダウンロードを試みる

次に、レンタルボタンをタップします。1回タップすると「HD映画をレンタル」と表示されるのでもう1回タップします。
すぐにダウンロードが始まりますが、自分のiOSデバイスの空き容量よりも大きさサイズの映画を選んでいるので、ダウンロードは完了せず、レンタル料金もかかりません。空き容量よりも小さなサイズの映画を選ぶとダウンロードされて課金されてしまので注意してください。



ダウンロードできないことがダイアログで表示されます。

”(映画作品名)”をダウンロードするのに十分な空き領域がありません。ストレージは”設定”で管理できます。

と表示されたら、「設定」をタップし空き容量を確認してみます。


 

4.空き容量の再確認

設定→一般→情報を見ると、2.6GBから2.9GBに増えていました。
再度、映画を選びダウンロードすることを何度か繰り返してみてください。
今回は2回目に2.9GBから3.2GBに、3回目に3.2GBから3.3GBに空き容量が増えました。

このように空き容量が増えなくなるまで何回か繰り返すとさらに効果的です。



 

スポンサーリンク


 

結果

今回試した結果、

  • iPhone5 16GB:5.0GB → 5.4GB
  • iPad mini2 Cellular 16GB:2.6GB → 3.3GB

と、どちらもストレージの空き領域を増やすことができました。
2GBから3.6GBに、0.8GBから4.9GBに、空き容量を増やすこともできたユーザーもいるようです。

実際に映画をレンタルするわけではないのでお金はかかりません。
なぜレンタルしようとして空き容量が増えるのかは不明ですが、iOSデバイスがストレージを整理しシステムで保持していた使用しないデータやらキャッシュやらを開放するのではないかと勝手に思っています。Windowsにあるディスクのクリーンナップのようなことを行うのかもしれません。

ともかく無料で簡単に空き容量を増やすことができると思います。
興味のある方は試してみてください。

Apple Store

Amazon.co.jp