読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Windows10 Creators Update、手動アップデートしてみました

「Windows 10 Creators Update」の手動アップデートでインストールしてみました。

アップデート時間はダウンロード後から約30分。
マシンはCore i7-6700/16GB RAM/256 SSD搭載の自作デスクトップPCで、Windows10 Pro Anniversary Updateを最新の状態にして行いました。
アップデート後「気に入らなかった場合は、簡単に戻すことができます」とのことで、不具合があれば前のバージョンに戻せばいいやと気楽に考えやってみました。アップデート後は、サードパーティ製ソフトのドライバーを再インストールする必要があった程度で特に問題なく使えています。

アップデートは迷うことなく簡単でした。
アップデート方法は窓の杜にて丁寧に解説されています。


アップデート後、バージョン1703、ビルド番号15063.13となっていました。


Creators Updateはどこが新しいのかという点では、本家マイクロソフトのページのほか、INTERNET Watchの記事が分かりやすいです。

「ペイント3D」アプリ、「設定」への追加や変更、Microsoft Edgeへの新機能追加、セキュリティ機能強化、プライバシー設定の変更などです。ちなみに「ペイント3D」は直接開くほか「ペイント」アプリからも起動できました。

プライバシー設定についてはCNET Japanの記事が本日アップされていました(追記:TechCrunch JapanとITmedia NEWSも)。


Creators UpdateではWindowsアップデート後に勝手に再起動されないようユーザーが選択できるようになりました。私にとってはこれがアップデートを決定した大きな理由です。

Amazon.co.jp
PCソフトストア(ソフトウェア)