読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone8向けA11チップ、TSMCが来月大量生産開始へ

「iPhone 8」や「iPhone X」などとして噂されているAppleの今年の新型iPhone。
そのプロセッサ「A11」の大量生産が4月にも開始されるという情報を經濟日報が報じています。

A11チップはTaiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC) が独占して供給し、10nmプロセスルールで製造されます。現行iPhone7シリーズのA10 Fusionは16nmプロセスで製造されています。

記事によれば、A11は前世代であるA10とくらべて処理速度や消費電力で優れているのはもちろん、Appleが重要視しているAR(拡張現実)の試金石となる性能を有しているとしています。TSMCは7月までに5千万ユニット、年内に1億ユニットに達する計画とのこと。



A11チップは、今秋(例年通りであれば9月)に発表されるOLED搭載のiPhone8、LCD搭載のiPhone 7s/7s Plusに搭載される見込みです。また、近々アップデートがあるとも噂されているiPad Proの新モデルにも搭載される可能性もありますが、これまでの噂ではA10Xチップになるとみられています。

via DigiTimes, 9to5Mac

新型iPhoneについては、iPhone 8カテゴリーにまとめてあります。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp