読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Touch Bar搭載MacBook Pro(Late 2016)はSSD交換不可、バッテリーも小さい模様

MacBook Pro, Air

Touch Bar搭載の新型MacBook Pro(Late 2016)は、Touch Bar非搭載モデルとは異なり、SSDが取り外しできないことをMac Rumorsが伝えています。
15インチモデルだけでなく、13インチモデルも取り外し不可能なSSDを搭載していたという報告。これは12インチMacBookと同様です。

SSDがロジックボードにはんだ付けされていれば、ユーザーは自分でSSDを交換することは不可能であり、Appleの用意するオプション以外にストレージ容量を選ぶことはできません。



加えて、バッテリーセルがの周りに目に見えて大きな隙間があることも指摘されています。
筐体内の空気の流れを考えてのことかもしれませんが、9to5Macも指摘するように、Appleは新モデルの重量を軽くするために、意図的に小さなバッテリーを搭載したのかもしれません。新モデルの重量が旧モデルと変わらないのではインパクトに欠けます。バッテリーを削ってでも軽量化を演出したかったのかもしれません。

その疑惑は、新モデルのバッテリー駆動時間にも表れています。
Appleは13インチも15インチも最大10時間のバッテリー駆動時間(Wi-FiブラウジングおよびiTunesムービー再生)をうたっています。
しかし、メディアレビューによりそれよりも短いバッテリー寿命が報告されています。
たとえばThe Vergeは通常使用で約5.5時間、Business Insiderは通常使用で約6時間とレポートしています。


Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp