読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

12インチMacBookでキーボートの一部キーが動かなくなる報告

MacBook Pro, Air

12インチMacBookを使っている複数のユーザーが、キーボードのキーの一部が正常に動作しなくなったという不具合を報告しています。

9to5Macが伝えているところによると、どうやらキーの下にゴミや小さな破片が入り込んでしまうことでキーが押下できないことがあるようです。デリートキー、シフトキー、矢印キー、リターンキー、タブキーなどが報告されていますが、問題の生じるキーは特定していないようです。
12インチMacBookのキーボードは、独自のバタフライ構造を採用し非常に薄く精巧に作られています。個々のキーと本体の隙間はかなり狭く、その間に異物が入り込んでしまうと、取り除くのはかなり厄介です。

一部のユーザーはエアダスターを使い自力で改善させたと報告しています。他方、うまくいかずにApple Storeに持ち込み修理を依頼したユーザーも存在しています。中には同じ症状で3回もMacBookを交換したユーザーもいます。



お菓子などを食べながらキーボードをタイプしたりすると、食べかすなどが入りやすいかもしれません。


Appleは、MacBook 12インチモデルのキーボードの掃除方法を公開しています。

ここでは、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降となっていますが、同じキーボードを搭載するMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016) も含まれています。
サポートページでは、エアダスターを用い、MacBook本体を75度に傾けてスプレーすることを手順を追って説明しています。

キーボードの下にあるバッテリーを傷付ける恐れがあるのため、針など先の鋭いものを使って取り除くのはやめた方がよさそうです。


スポンサーリンク


なお、新しいMacBook Pro(Late 2016)でも同じバタフライ構造(ただし第2世代。12インチモデルのは第1世代)のキーボードを搭載しています。9to5Macの記事ではこのモデルに関しては特に触れていません。

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp