読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

壊れたLightningケーブルを無料で交換してもらいました。

iOS iPhone iPhone 7

iPhone付属のLightningケーブルの被膜が破れてしまいました。
1年間の保証期間内であったので、Appleに無料で交換してもらいました。

大まかな流れとしては、

  1. オンラインでサービスを依頼
  2. 配送修理による修理サービスを選択・配送
  3. 宅配業者を通じ故障品の返却

です。

今回、自宅に新しいLightningケーブルを配送してもらい、その場で壊れたケーブルを返却しました。



Lightningコネクタ付近の被膜が破けてしまった。中身が少し見えるような状態。
テープなどで絶縁すれば使えないことはなさそうだが、せっかくなので交換してもらうことに。


Apple公式サイトから申し込み

Apple サポートへのお問い合わせ

対象のデバイスのシリアル番号を確認


  • Apple IDにサインインして登録済みデバイスを選択
  • デバイスのシリアル番号、IMEI、MEIDのいずれかを入力

対象デバイスの保証期間を表示させ、保証期間内であることをしっかり確認、Lightningケーブル交換を進める。
なお、iPhoneやiPadの場合、設定→一般→情報にシリアル番号が記載、その部分を長押しでコピーできるので便利。

交換品や交換方法の選択

以下、対象製品、交換品、交換方法を選択する。

  • 製品の選択:iPhoneやiPadなど
  • 問題の選択:修理と物理的な損傷
  • 詳細の選択:イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換
  • 交換方法の選択:配送修理/持ち込み修理

今回は配送修理を選び、交換が必要な部品の種類(ケーブル/Dock/イヤフォン/電源アダプタ)を選択。
壊れたのがiPhoneの付属品のLightningケーブルだったので「1m, Lightning to USB Cable, WW」を選択。2mのものもあるが付属品は1mなので注意。
なぜか1mのものが2つ表示されている(しかも1つは画像なし)が、今回は最初に表示された画像なしの製品を選択。


画面右上の商品を選択。

配送情報等の入力

配送のための情報入力と規約の確認を行う。

  • 電話番号、メールアドレス、配送先住所
  • 利用規約の確認・同意
  • クレジットカード情報の入力

壊れたLightningケーブルは交換品と引き換えとなり、宅配業者に手渡しする流れ(後述)。

交換部品は宅配便でお送りいたします。お受け取りの際は、交換部品と引き換えにお手元の部品を宅配業者にお渡しください。その際は、返却が必要な部品のみをお渡しください。その他のアイテムを同梱いただいてもご返却いたしかねますので、ご了承ください。

壊れたLightningケーブルを変換しないと、「未返却料」としてケーブル代金がクレジットカードから引き落とされるので注意。

ご返却いただく部品が 10 日以内に Apple に届かなかった場合や、こちらで受領した部品に誤用の形跡が認められた場合は、未返却料を請求させていただくことがあります。今回の修理についてクレジットカード番号をご提供いただいている場合、未返却料はお客様のカードに対して請求されます。


今回は1mのLightningケーブルで2200円+消費税。

  • 1m, Lightning to USB Cable, WW ¥2,376

申し込み完了メール

交換手続きが完了すると、Appleから申し込み完了メールが届く。

  • 部品交換のお申し込み完了のお知らせ

発送完了メール

続いて、交換品の発送完了メールが届く。

  • 交換部品の発送完了のお知らせ

あとは、宅配業者(今回はヤマト)が配送先住所まで届けてくれるのを待つ。今回は申し込み翌日に配達された。

交換製品の受取・故障製品の返却

交換品が届けられたら中身を確認。配達員さんに少し待ってもらって、その間に届けられた封筒に壊れたLightningケーブルを入れて手渡す。


封筒には次のように書かれている。

お客様へ
中身の製品を受領いただき、この封筒にお客様の故障部品を入れてドライバーにお渡しください。
※この封筒に貼られたラベルには返却品の検収に必要な情報が記載されています。この封筒で返却されませんと、返却品の検収処理が遅れる場合があります。
 
ドライバーさんへお願い
配送時同時引取り
産直引取りサービス着払いにて回収
「必ず」配送時のビジネスレター・段ボールを使用し、返却品を発送してください。

ADSC支店



手元に届いた新しいLightningケーブル。簡易梱包でプチプチ梱包に入っていた。


以上で、Lightningケーブルの無償交換が完了。

サービス・ステータスの確認

壊れたケーブルがAppleに返品されたかどうかは、メールにある「修理状況」のリンクから確認できます。
ステータスが無事完了したことを確認できれば、晴れて無償交換ができたというわけです。

今回、交換依頼から10日ほど経過して「部品/アクセサリ受領のお知らせ」メールが届き、すべての手続きが完了しました。

  • 1日目:ウェブにて交換依頼
  • 2日目:交換品の到着・故障品の返却
  • 10日目:故障品の受領メール

Apple公式サイトで購入

Amazon.co.jp