読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

開発者:iOS11で32bitアプリのサポートを完全に終了

AppleはiOS11で32bitアプリサポートを完全に終了するという情報を9to5Macが伝えています。

著名な開発者Steven Troughton-Smith氏は、AppleがiOS11で32bitアプリのサポートを完全に終了させると主張しています。現行最新のiOS10.3においてもAppleは32bitアプリへの警告を行っています。

iOS10.3では設定→一般→情報にある「App」をタップすることで「App互換性」という項目を追加し32bitアプリが今後動作しなくなる可能性をユーザーに通知しています。
「App互換性」には次のように書かれています。

これらのAppによりiPhoneの動作が遅くなる場合があります。Appがアップデートされなければ将来のiOSバージョンでは動かない可能性があります。アップデートがない場合は、開発元に詳しい情報をお問い合わせください。


「App互換性」一覧に表示されたアプリを開くと次のようにダイアログが表示され、ユーザーに知らせます。

”●●●●●●●●(アプリ名)”はアップデートの必要があります。
このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります。


その上、Troughton-Smith氏は将来のAシリーズプロセッサが32bitアプリのサポートを含まないようだとも主張しています。
Appleは2013年のiPhone 5s以降64bitアプリのサポートを開始しました。
ベータ版iOS10.3.2は現在のところiPhone 5/5cやiPad4への提供がありません

一方、多くのユーザーが32bitアプリをインストールし利用しているでしょう。Appleはユーザーを混乱させないように32bitから64bitの完全移行を進める必要があります。