読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Chromeに変な広告が表示されたり動作がおかしくなったら試したい簡単な解決方法

Windows

Googleのブラウザ「Chrome」を使っていて、勝手にポップアップ広告が表示されるようになったり、起動時の画面がいつもと異なっていたりなど、変な挙動を示したことはないでしょうか。

そんな時は、Chromeに自分で気づかないうちに何らかの拡張機能やプログラムなどが第三者によってインストールされている可能性があります。
また、長い間Chromeを使っている場合、蓄積されているウェブページやコンテンツのキャッシュデータが壊れてしまうなどして不整合が生じ、動作が重くなってしまっていることもあるかと思います。

そうしたChromeにおける問題を解決する最も簡単で効果的な方法は、Chromeをリセットし初期設定状態に戻すことです。
Googleの用意している「ソフトウェア削除ツール」を使うことで容易に行うことができます。

「ソフトウェア削除ツール」はWindowsのみ提供されています。

Googleの説明によれば、Chromeで問題となるようなプログラムは、一般的なマルウェアとは異なり、PCにインストールされたセキュリティソフトでは検出されないことがあるようです。
したがって、今回紹介する「ソフトウェア削除ツール」を利用するわけですが、反対に、この「ソフトウェア削除ツール」は一般的なマルウェアやウィルスを見つけるわけではありません。

スポンサーリンク


使い方はとても簡単です。
上記ページから「ソフトウェア削除ツール」(software_removal_tool.exe)を適当な場所にダウンロードし、実行するだけです。

「ソフトウェア削除ツール」を起動すると、PC内を不審なプログラムがないか検索が行われます。
検索結果はダイアログで表示されます。
不審なプログラムがない場合は「不審なプログラムは見つかりません」と表示されます。見つかった場合はその数が示され、「不審なプログラムを削除」をクリックすることで削除処理が行われます。

「続行」をクリックすると、続いて「設定のリセット」ダイアログが表示されます。
場合によっては「再起動」ボタンが表示され、PCを再起動します。

この「設定のリセット」は、実はChromeの設定にあるものが自動的に開かれているだけですが、指示に従ってリセットします。

ダイアログには次のように書かれています。

設定を元のデフォルトに戻します。これにより、ホームページ、新しいタブの画面、検索エンジンがリセットされ、拡張機能は無効となり、すべてのタブの固定は解除されます。また、その他の一時的なキャッシュ データ(Cookie、コンテンツ データ、サイトデータなど)も削除されます。

自分の環境(Windows 7/Chrome 32bit)で試したところ、「拡張機能は無効」となるだけで削除は行われませんでした(各拡張機能で設定したオプションもそのまま保存されていました)。
再び拡張機能を有効にするだけですぐに利用できます。この際ですから、不要な拡張機能は削除するなど整理する良い機会かと思います。

Source:Chrome ヘルプ