読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

水没経験からiPhone 6s Plusの保護ケースを選ぶ

実は少し前に家族がiPhoneを水没させてしまいました。
湿気取りとiPhoneを密閉できる袋に入れて放置し様子をみていますが、それでだめなら修理です。Apple Storeでの保証対象外 (OOW) 修理はiPhone 5/5s/5cで31,800円、iPhone 6/6sで34,800円、iPhone 6 Plus/6s Plusで38,800円(いずれも税別)です。

水没や落下はiPhoneへのダメージはもちろん、自分自身も精神的にかなりへこみます。できればそんな思いは二度としたくないものです。
新しいiPhoneではそんなことのないよう、落下にも耐える防水ケースを探すことにしました。

昨日予約したiPhone 6s Plusは、基本的にはiPhone 6 Plusの保護ケースとも互換性があります。
まだiPhone 6sシリーズ用のケースは出揃っていないようで、しばらくの間使えるような製品をアマゾンで探したところ、一番良いと個人的に思ったのがMicro Solution(マイクロソリューション )「PROOF CASE 防水-塵-雪・耐衝撃性ケース」シリーズです。

https://lh3.googleusercontent.com/-Of8xbfpeTjQ/VfDb4Ky528I/AAAAAAAAmDQ/uFPxmlxh0Aw/s800-Ic42/iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT.jpg

iPhone 6sシリーズのケース選びでおそらく最大の問題は、新機能「3D Touch」です。「3D Touch」はディスプレイの圧力を感知して異なる操作を可能とします。
防水ケースのように液晶面も完全に覆うようなケースの場合、この「3D Touch」の操作性に影響があるかもしれません。せっかく高価なケースを購入しても操作面でストレスがあっては困ります。

そこで、ようやくそこそこの値段で試せるようなユーザー評価の高い保護ケースを見つけたのが、上述の「PROOF CASE 防水-塵-雪・耐衝撃性ケース」です。

PROOF CASE 防水-塵-雪・耐衝撃性ケース (iPhone 6 - 4.7

PROOF CASE 防水-塵-雪・耐衝撃性ケース (iPhone 6 - 4.7", All Black) FFP

アマゾンの価格は確認時点でiPhone 6用が約2400円、6 Plus用が約3,000円。これなら失敗したとしても何とか我慢できるかなと思います。
Micro Solutionの製品としてはMacBookの保護フィルムなどを使った経験もあり、それも決め手でした。


スポンサーリンク


「PROOF CASE 防水-塵-雪・耐衝撃性ケース」は、防水・防塵・防雪・耐衝撃性能を持ちつつ「本体の大きさに限りなく近い」というのが大きな特徴の1つです。
米国軍用規格(MIL STD 810G-516.6)によりフレーム周囲からの落下衝撃が約1.2mまで、防水機能はIP68、水深1mに1時間、防水等級8、防塵等級6-20度から+60度の対応温度などというスペックです。高さ1.2mというとポケットから落下した程度なら何とかなりそうかな。
Touch ID、タッチスクリーンも問題なく利用できます。
製品レビューを見ると、タッパーウェアのような、そんな作りのようです。
通話中に相手に声が聞こえないというような評価もあり少々気になりますが、製品情報では「通話もスピーカーも使え」るとのことで、これは実際に試すかないでしょう。
さっそく注文してみたので、iPhone 6s Plus購入後に試してみたいと思います。

Amazon.co.jp
iPhoneストア
iPhone 6s ケース・カバー
iPhone 6s Plus ケース・カバー