読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone 6sのボディはiPhone6よりも2.7倍も強く5倍も高価、リークされたパーツを検証

iPhone 6s

iPhone 6sとされるボディパーツの素材を検証した結果、現行iPhoneよりも強度が増し、そのコストもかなり高くなることが分かりました。

Unbox Therapyはビデオを公開し伝えています。
Forbesはそれを受けて、「Massive iPhone 6S Leak: Chassis 2.7x Stronger, 5x More Expensive」というタイトルで報じています。

そのまま読むと、iPhone 6sのシャシーは2.7倍強く、5倍も高価になるようです。


https://lh3.googleusercontent.com/mQdeGrCfxKxP80ym8lCpkPVFPxxwmuZj0ed_Ck-DARmj=w1536-h1152-no


新しいiPhoneのボディは7000シリーズアルミニウム、iPhone 6シリーズは6000シリーズです。
iPhone 6sのボディは80ポンドの圧力まで曲がりませんでしたが、iPhone6の方は30ポンドまでしか耐えられませんでした。
その差は約2.7倍です。

iPhone6をお尻のポケットあんどに入れて曲げてしまうケースも度々報告され「Bendgate」として話題となりました。
もしかすると、新モデルではそうしたこともなくなるかもしれません。


iPhone 6S Aluminum Bend Test


その一方で、強度以上にコストがかかるかもしれません。
7000シリーズアルミニウムは航空宇宙分野で用いられるなど非常に高価なようです。対する6000シリーズは多くのアルミ製品で用いられる一般的なものです。そして、そのコストに5倍もの差が付くと考えられています。

Appleはこのコスト上昇をどのようにして回収するでしょうか。
1つは新型iPhoneの販売価格を上げることでしょう。もう1つあるとすれば、自身の利益を削ることでしょう。


スポンサーリンク


新型iPhoneの噂や新情報はiPhone 6s カテゴリーにまとめています。記事は新しい順番に並んでいます。

Source:Forbes

Apple Store
Amazon.co.jp