読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

9to5Mac:iPhone 6s感圧タッチはショートカットが特徴、強めのタッチで少ないステップで素早く

iPhone 6s

iPhone 6s/6s Plusの感圧タッチ(Force Touch)機能は「ショートカット・アクション」を主に利用できるようになると9to5Macは独自の情報源から得た情報を伝えています。

感圧タッチを使うことで迅速に目的の動作を行うことができるようになります。


https://lh3.googleusercontent.com/xrjf7XRoh0pwIxlYuOztiI8Za2xx5rxgyVv1d-Tj9EpN=s900-no


地図アプリで任意の場所を調べる際、感圧タッチは目的地までのルート案内(turn-by-turn)を素早く始めることができます。通常の方法ではルート案内までタップを繰り返し数ステップを経なければなりませんが、感圧タッチはそれをショートカットすることができます。
ミュージックアプリでは曲のリストを感圧タッチで強めに押せばその曲をプレイリストに追加したり、オフラインで聴くことができます。感圧タッチジェスチャーはミュージックアプリでは各トラックリストの右側のアクションボタンをタップする代わりの働きをします。
他にも、ホーム画面上のアプリでも感圧タッチのショートカットは利用可能になるようです。たとえば電話アプリでは直接ボイスメールへショートカットをすることもできます。ニュースアプリなど他のアプリでもさまざまなショートカットが割り当てられているようです。


新しいMacBook、MacBook Proでは新たに感圧タッチトラックパッドを搭載しました。またApple WatchではiPhoneに先駆けて感圧タッチディスプレイを搭載しました。
たとえばMacBookでウェブページでテキストを強めにクリックすると、そのテキストの検索結果がポップアップ表示されます。その他にも多くの機能が利用できます。詳しくはApple サポートをご覧ください。


その他、iPhone 6sシリーズでは4Kビデオ撮影が可能になるかもしれないと情報筋は主張しています。
iPhone 6sシリーズは、新しいA9チップ、2GB RAM、12MPカメラ、Touch IDの改善、曲がりにくくなった本体などを特徴とします。新カラーもついかされるかもしれません。
新型iPhoneの噂や新情報はiPhone 6s カテゴリーにまとめています。記事は新しい順番に並んでいます。


スポンサーリンク


9to5Macは、12.9インチiPad(iPad Pro)についても噂を提供しています。この大型iPadも感圧タッチを搭載し、加えてiPadスタイラスも用意されるかもしれません。未確認ながらiOS9.1と共に大型iPadはデビューする可能性を示唆しています。

9月9日(水)とされる発表イベントでは、新型iPhone、新型iPad mini(とiPad Airもあるかも)、そして新型Apple TVが発表されると予想されています。

iPad Air Plus カテゴリーの記事一覧で、これまでの記事をまとめて見ることができます。記事は新しい順番に並んでいます。
同様にiPad mini 4 カテゴリーの記事一覧もご覧ください。

Source:9to5Mac via Mac Rumors

Apple.com