読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

噂:Surface Pro4、10型フルHD&13型QHD/4K液晶、最大16GB RAM、USB-C、新型タイプカバーなどで10月に

Microsoft Surface

新型Surface Pro 4は、2015年10月あるいは11月にファンレスデザインとさまざまなバリエーションモデルで利用可能になるとGeekSnackは伝えています。


ベースモデルは10インチのフルHD液晶、ファンレス、Core i3、4GB RAM、64GB~256GB SSD、8600mAhバッテリー、Display port、HDMI、USB Type-C、オーディオジャック、microSDカードスロット、Windows 10、Office 365などを搭載します。
ハイエンドモデルは、Core i7、16GB、13インチ液晶などを搭載します。解像度はQHD(3840×2160)あるいは4Kになるといいます。

Surface Pro 3は12インチ2160×1440ピクセル液晶です。

https://lh3.googleusercontent.com/tl49yYvbezE8rungApSJZxDen6sD89HKhTMfCxlhLYVk=w614-h329-no
写真はSurface Pro 3とSurface 3


現行のCPUならSkylakeになるでしょうが、CPUの型番までは触れられていません。
ファンレスというとCore Mなのでしょうか。
そうではないという意見もあります。

The VergeのTom Warren氏は、より大きなディスプレイ、薄型化、軽量化とも続いてツイートしています。そして10月発売を仄めかします。


GeekSnackによれば、Surface Pro4のデザインは従来よりも更に薄くコンパクトになるとされ、ボディは(iPadを引き合いに出して)アルミニウム合金をベースに防水あるいは耐水仕様になるとも指摘されています。Surface Pro3はマグネシウム合金製です。

また、タイプカバーはマグネット式から、Lenovo Yog 3 Proの「ウォッチバンドヒンジ」ようなスタイルを採り入れるようです。「ウォッチバンドヒンジ」はその名の通り腕時計の金属製バンドのような構造をしています。加えて専用のネイティブプロジェクターも追加されるようです。教育やビジネスの現場でiPadに代わり活躍すると期待されています。

GeekSnackによれば、価格は500ドル~1300ドルになります。日本円換算で6.3万円~16.2万円程度です。Surface 3が499ドル(日本ではスペックは違いますが税別81,800円)からなのでそれよりも安くなる可能性は低いと思います。


スポンサーリンク


Surface Pro4の噂や新情報はMicrosoft Surface カテゴリーの記事一覧をご覧ください。新しい順に記事が並んでいます。

Source:GeekSnack via WCCF Tech

Microsoft Store 日本 公式サイト
Amazon.co.jp