読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone 6s/ 6s Plusの3Dレンダー図面がリーク?やはり厚くなる模様

iPhone 6s

iPhone 6sの3Dレンダリング動画をuSwitchが紹介しています。

新型iPhoneの発売前に、Appleからサードパーティのケースメーカーに送られる、いわゆる「CAD design renders」だとuSwitchは主張しています。@OnLeaksが提供元したようです。

アクセサリーメーカーはこれを基に保護ケースを制作します。


https://lh3.googleusercontent.com/hDvDvzhBu_OSLRqIOAoms9oMNI3DgTgklqzJe7opbm5C=w1334-h750-no


この図面によれば、iPhone 6s/6s PlusはiPhone 6/6 Plusよりもわずかに厚くなります。

iPhone 6s 7.1mm iPhone 6s Plus 7.3mm
iPhone 6 6.9mm iPhone 6 Plus 7.1mm


なお、Appleが公式仕様では示さない背面カメラの突出を加えた厚みもこの図面では確認できるようです。
厚みを増したのは、iPhoneが曲がってしまう「bendgate」の問題を考慮したからと考えられています。
新モデルは感圧タッチを搭載するといわれていますが、そのことも厚みの増す要因となっているかもしれません。
新モデルは、Apple Watchで採用された高強度のアルミニウムを素材として用いるといわれています。厚みを増やし剛性ある素材を採用することで、より一掃曲がりにくくなると思われます。


スポンサーリンク


その他、電源ボタンやボリュームボタン、ホームボタンなどの位置やデザインは、現行モデルと変化はないようです。

New iPhone 6s & 6s Plus design leak


新型iPhoneに関するこれまでの記事はカテゴリー「iPhone 6s」をご覧ください。新しい順に記事が表示されます。

Source:uSwitch via Cult of Mac

Apple Store

Amazon.co.jp