読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS9でサポートされるiPhone 6sの感圧タッチ詳細や新デザインのキーボードなどについて

iOS iPhone 6s

「iOS 9」でサポートされる新機能や従来機能の強化について、9to5Macは新たな情報を伝えています。

現在までに伝えられているiOS9の特徴を整理すると

  • iPadでの画面分割表示
  • HomeKitアクセサリーを制御するHomeアプリ
  • 読みやすい新フォントの導入
  • マップアプリの乗り換え案内
  • 品質、パフォーマンス、セキュリティに重点を置いた全体的な改善

などがあります。

今回判明したのは、上記に加えて、OSレベルの感圧タッチのサポート、iMessage、キーボード、Apple Payの強化についてです。

iPhone 6sの感圧タッチ

iPhone 6sの見た目は現行のiPhone 6のようであるが、その大きな特徴の1つとして感圧タッチディスプレイをサポートします。
Appleは、iOS9で感圧タッチを利用できるよう準備しており、iOSアプリに感圧タッチを統合するよう開発者らに働きかけています。
iPhoneの感圧タッチは、システム全体のコントロールスペースをクリーンナップし、長めに押すことやボタンを押したままにする操作を置き換えます。
それ以外に、iPhoneの感圧タッチは、新しいRetina MacBookやRetina MacBook Proに内蔵された感圧タッチトラックパッドと同程度の機能を搭載します。
画面にタッチするとトラックパッドのような振動をリアルタイムでフィードバックし、たとえば、マップ、メディアプレーヤー、カレンダーなどで感圧タッチを使った操作がサポートされます。

スポンサーリンク

iPhone 6sのプロトタイプで感圧タッチを使用した情報筋によれば、感圧タッチのサポートがWWDCで発表されることはなさそうです。Appleは新モデルの発表までこの新機能を秘密のままにしてくおくのでしょう。

iPhoneの感圧タッチは、Apple Watchの場合のように操作に不可欠な機能となるわけではなさそうです。情報筋の1人はiPhone 6sの感圧タッチがパワーユーザー向けであると主張しています。
また、感圧タッチはiOSでサポートされるので、新型iPadにも感圧タッチディスプレイを搭載してくることは十分あり得るでしょう。

iOS9の新しいキーボード

Appleは新OSでキーボードのアップデートにも取り組んでいます。
Appleは、新しいキーボードデザインのプロトタイプを複数試したとされ、現在のキーボードよりも若干長めであったり、編集を制御する機能を含んでいるようです。

米国外に広がるApple Pay

Apple Payは米国以外の国で初めてカナダでサポートされます。
Appleはカナダの銀行など関連企業と交渉を行っており、それが終えたのちに正式に発表されるでしょう。
また、Appleは中国ともApple Payの導入について交渉を行っていますが、その進行が遅れているようです。

iMessageのアップデート

Appleは、iMessageの開封証明の機能向上を行うようです。
iOS9では、グループチャットスレッドや連絡先ベースで開封証明を制御できるようになるようです。
たとえば、iOS9では、家族や友人など特定の連絡先だけで開封証明を利用できるようになります。
iOS8では、iMessage全体で開封証明の有効・無効を設定するだけです。

iOS9の関連記事

Source:9to5Mac

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp