読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型Apple TV続報~サードパーティアプリ開発やApple Watchから操作可能に

iTV・Apple TV Apple Watch

次世代Apple TVについて興味深い続報です。

9to5Macは、実際に新型Apple TVのプロトタイプを使用したという情報源の話を伝えています。

最近報じられたように、新しいApple TVには現行よりも進化したリモコンが付属します。加えて、Apple WatchがApple TVを操作できる主要な入力デバイスの1つになります。

情報源は、これも以前と同様に、新型Apple TVがSiriを統合しサードパーティ製アプリをサポートし、6月に発表されると主張しています。

社内で「MuirTrail」と呼ばれるXcodeの新バージョンには、「TVKit」と呼ばれるサードパーティ製Apple TVアプリを開発するための機能が含まれます。

以前の予想通り、新型Apple TVはケーブルTVを置き換えるサービス「Live TV」とも統合します。ただし、サービスは新しいハードウェアの発表の後でローンチされるようです。

スポンサーリンク

次世代Apple TV開発ユニットを使ったという情報源は、そのプロトタイプが現行Apple TVと比べて「2倍大きい」と話しています。しかしながら、実際の製品は現行製品よりもスリムになるといいます。

社内では、新しいApple TVは「J34」というコードネームで呼ばれ、そのオペレーションシステムは「MonarchTide」として知られています。

新しいソフトウェア機能がいつデビューするのかはっきりとした兆候がないものの、その一部は6月のWWDCの発表のために準備されているようです。

Apple Watchには「Find My Watch」や「Smart Leashing」機能が利用できるようになりそうです。

WWDCでは、上記の新型Apple TVハードウェアとサービス、Watch OSの新バージョンのほかにも、iOS9、OS X 10.11、そして、音楽配信サービス「Apple Music」が発表されるといわれています。

www.kobonemi.com

Source:9to5Mac

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp