読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Windows 10新ブラウザ正式名称は「Microsoft Edge」新ロゴはエッジの効いた「e」

Windows 10

Microsoftは、開発者会議Build 2015において、これまで「Project Spartan」として紹介してきた新ブラウザの正式名称を「Microsoft Edge」として改めて発表しました。

特徴として、

  • 行動するためのブラウザ
  • ノートテイク(メモをとる)と共有機能を搭載
  • 読むことに最適化され、気が散ることがない
  • Cortanaの統合

などが挙げられています。

基調講演で公開された紹介ビデオを見ると、ブラウザ上に直接書き込めるメモ機能など、ユーザーが積極的に行動することをサポートするのが「Microsoft Edge」の大きな特徴の1つです。

スポンサーリンク

「Edge」とはエッジ、端、接線、刃物などの刃先、その鋭さなどを意味しますが、それ見合うロゴも明らかになっています。

一見ジョークのように見えますが、新ロゴを紹介しているKyle Pflug氏はMicrosoft Edgeのプラットフォームチームの一員とのこと。つまりMicrosoftの中の人なわけで、このロゴは本物なのでしょう。

新しいロゴは、Internet Explorerのロゴとの類似点を容易に見出すことが可能です。
ブルーの「e」はIEの「e」のロゴを見なれたユーザーが新しいWebブラウザに馴染みやすいように選ばれているのかもしれません。
新しいロゴは、これまでのIEの「e」にエッジの鋭さを加えたような表現です。

ちなみにIEのロゴはこちら。

確かに似ています。
何となくバランスが悪いようにも見えるのは気のせいでしょうか。

「Microsoft Edge」は、Windows 10の標準ブラウザとなり、デスクトップ、ノート、タブレット、スマートフォンにプリインストールされます。
また、IEはレガシー環境を必要とする企業などのために提供が続けられます。

なお、今回の基調講演ではWindows10の具体的な発売日に関する発言はありませんでした。

以下、紹介ビデオです。Introducing Microsoft Edge: The New Windows 10 Browser

初日の基調講演のビデオはこちらから視聴できます。
Edgeに関する説明は2時間12分くらいから。
Day One Keynote Presentation | Build 2015 | Channel 9

現在のところWindows 10は7月頃のリリースといわれています。www.kobonemi.com

Source:Blogging Windows, Neowin, WinBeta


ツクモ ドスパラ ソフマップicon フェイスicon アーク

Amazon マイクロソフト製品ストア