読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone 7?6s?現行モデルを時代遅れにさせる新型iPhoneの噂をまとめて確認

iPhone 6s iPhone 7

最近になって現れている複数のレポートは、次期iPhoneは「iPhone 6s」のような「sシリーズ」を飛び越えて、「iPhone 7」と呼べるほど多くの進化や強化(機能や技術、素材などを含む)を主張しています。

ComputerworldのJonny Evans氏は、これまでの噂や主張をコンパクトにまとめています。
そこから来たるべき次期iPhoneについて次のような特徴を挙げることができます。

  • リキッドメタル、あるいは新しい金属プロセス採用の筐体
  • より強固で、曲がりにくい設計
  • 感圧タッチ
  • 新しいディスプレイ
  • ユーザーインターフェースの刷新
  • ホームボタンの廃止
  • デジタル一眼レフ・クラスのカメラ
  • さらにパワフルな64bit A9プロセッサとメモリー増量


新しい金属

新型iPhoneには、Apple Watxhで用いられる7000シリーズアルミニウムを採用するという情報が最近報じられました。www.kobonemi.com

iPhoneはディスプレイが大きくなると同時に薄型化もされ、従来よりも曲がりやすいといわれていました。Appleは次期モデルでそうした懸念を払拭することができるかもしれません。
加えて、以前から噂のあるように、Appleはリキッドメタルさえ採用するかもしれないとEvans氏は予想しています。

感圧タッチ

Apple WatchやMacBook 12インチのトラックパッドなどで初めて搭載された感圧タッチもまた次期iPhoneで採用されるという複数の主張があります。www.kobonemi.com

次期iPhoneの感圧タッチは、The Wall Street Journalなどが報じたほか、Apple Watch搭載のものとは異なる仕様となるとKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏はレポートしています。www.kobonemi.com

ユーザーインターフェースと本体デザイン

感圧タッチ搭載で、iPhoneのUIは劇的に変化するでしょう。
さらに操作系の変更はiPhoneの筐体設計にも影響を及ぼすはずです。
ディスプレイを押すことが検知可能となることで、ホームボタンさえ不要になるかもしれないとEvans氏は示唆しています。

スポンサーリンク

iPhoneの液晶はこれまでよりも更に全面を覆うでしょう。
本体におけるディスプレイ面積が広くなることで、表面硬度を高くする必要もあるかもしれません。
サファイアの採用は以前から噂されてきましたが、今年、ついにApple Watchで採用されました。しかしながら、今年の新型iPhoneで採用されるかは未知数です。

カメラ

カメラの進化もまたiPhoneにとって大きな進化の1つになります。
Appleは最近カメラテクノロジー会社LinXを買収したと報じられました。
同社の先進的なカメラセンサーにより、これまでも定評のあった画質は更に向上し、一気に一眼レフレベルに到達する可能性も出てきました。www.kobonemi.com

プロセッサ

当然、新しいiOSデバイスには、新しいOSと新しいプロセッサが搭載されるはずです。
Evans氏はiOS9によりiOSデバイスはデスクトップクラスのスマートフォンになると主張しています。
AppleInsiderは、新型iPhoneが現行の2倍の2GB RAMを搭載すると伝えました。www.kobonemi.com

新しいMacBookと大型iPad

新しいMacBook 12インチには数多くの新機能や刷新が含まれています。
その本体設計は、カラーも含めてほとんどiPadのようです。

iPad Air PlusあるいはiPad Proともいわれている大画面iPadは、このMacBookからキーボードを省いたような製品になるかもしれません。www.kobonemi.com
www.kobonemi.com

USB-C(USB Type-C)の採用は、将来のノートPCの先駆けになるでしょう。
さらには今後のiOSデバイスでLightningの代わりになるかもしれません。
前述の感圧タッチもまた今後のMacやiOSデバイスで採用される可能性を秘めています。

Appleは新型MacBookのフラッシュストレージを自社製に切り替えました。www.kobonemi.com
コストの恩恵を超えて、Appleの将来のビジョンさえ垣間見えてくるようです。

数年先、AppleはOS XとiOSを統合してくるだろうという主張は以前からありました。
MacBookのデザインやコンポーネントなどを見ると、そんなに遠い未来のことではないかもしれません。www.kobonemi.com

Source:Computerworld via The Mac Observer

Apple Store

ヨドバシ.com
ビックカメラ.comicon
ソフマップ・ドット・コムicon
ヤマダ電機

Amazon.co.jp