読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

デスクトップ版Broadwellのスペック~LGA 1150は2モデル、第2四半期発売とも

デスクトップPC PCパーツ

ソケット型のデスクトップ版Broadwell CPUの型番とスペックをVR-Zoneが伝えています。

LGA 1150に対応する新しい第5世代Coreプロセッサとして次の2つのモデルが明らかになりました。

  • Core i7-5775C
  • Core i5-5675C

どちらもTDP 65Wであり、Core i7は4コア/8スレッド、Core i5は4コア/4スレッドです。
内蔵グラフィックスはIntel Iris Pro 6200が採用されています。

IntelはBroadwellデスクトップCPUがオーバークロックをサポートすることを公言していました。
OC可能のCPUといえば型番末尾に「K」の付くのが一般的ですが、ここでは見慣れぬ「C」が末尾に付けられています。


  • Core i7-5775C:3.3GHz~3.7GHz 4/8 6MBキャッシュ Iris Pro 6200 DDR3L 1600 TDP 65W
  • Core i5-5675C:3.1GHz~3.6GHz 4/4 4MBキャッシュ Iris Pro 6200 DDR3L 1600 TDP 65W


同時にBGA版TDP 65Wの3つのCPUも判明しています。

  • Core i7-5775R:3.3GHz~3.8GHz 4/8 6MBキャッシュ Iris Pro 6200 DDR3L 1600 TDP 65W
  • Core i5-5675R:3.1GHz~3.6GHz 4/4 4MBキャッシュ Iris Pro 6200 DDR3L 1600 TDP 65W
  • Core i5-5575R:2.8GHz~3.3GHz 4/4 4MBキャッシュ Iris Pro 6200 DDR3L 1600 TDP 65W

こちらもデスクトップ向けであり、TDP 65W、Iris Pro 6200を内蔵しています。

スポンサーリンク

Core i7-4770RやCore i5-4670R(Crystal Well)の後継となりそうです。
RシリーズはAIO(All in One/液晶一体型)PCやNUC向けの製品です。

たとえばNUCサイズの超小型デスクトップPC GIGABYTE BRIX Proなどで採用されています。



VR-Zoneによれば、これらデスクトップ版Broadwellは、2015年第2四半期にリリースされます。
一方、VR-ZoneはSkylakeが第3四半期までに登場するとしています。


Intelは今月初めにデスクトップ向けBroadwellのデモンストレーションを公開しました。
ここで紹介されたのはTDP 65WのアンロックCPUでした。www.kobonemi.com

デスクトップ向けBroadwellは、既存のZ97およびH97マザーボードでサポートされます。www.kobonemi.com

Source:VR-Zone 中文版 via The Tech Report

ツクモ ドスパラ ソフマップicon フェイスicon アーク ビックカメラicon
Amazon PCパーツストア