読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple Watch、iPhone4やiPad2のA5同等性能で60fps表示可能?

Apple Watch

Apple Watchにはまだ詳細が明かされていないことが数多くあります。

9to5MacはApple社内の情報筋から得たとしてApple Watchのスペックとバッテリー寿命について伝えています。

それによれば、Apple Watchに搭載されるS1チップはA5プロセッサにかなり近いパフォーマンスを持つようです。
A5チップは現行iPod touch第5世代、iPad2、iPhone4などに搭載されています。
Apple WatchのOSはSkiHillというコードネームで呼ばれるiOSから余分な機能を省いた軽量なバージョンを搭載し、ディスプレイは60fpsクラスのRetinaディスプレイになるようです。

スポンサーリンク


バッテリー駆動時間についてはどうでしょうか。
Appleは9月の発表の際、毎日充電することで利用できるとしていました。

情報筋によれば、バッテリー駆動時間についてはおよそ次のようになります。

  • 低出力モードで2~3日間
  • ゲーム等ヘビーな使い方でで2.5時間、通常のアプリで3.5時間
  • フィットネストラッキングアプリ利用でほぼ4時間
  • ディスプレイを表示したままで約3時間

最後の3時間というのはかなり短いようにも見えますが、画面を表示させたまま長時間見入るような使い方をApple Watchですることはあまりないでしょう。

Appleは、さまざまな利用をして約19時間駆動できるよう求めていました。しかし、それが製品版で実現できるかどうかはまだ不確かです。
AppleはApple Watch用のMagSafeをベースとした充電器も用意しているようです。

Apple Watchは、現在のところ2015年3月にローンチされるといわれています。
2月にローンチイベントを開催するという噂もあります。

Source:9to5Mac via Mac Rumors

Apple Store