読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

ドコモ新料金プラン契約SIM、iPhoneとAndroidの両方で使い回し可能に ドコモ確認

iPhone 6/iPhone 6 Plus Android iPhone iPhone 5C iPhone 5S

NTTドコモの新プラン(カケホーダイ&パケあえる)契約nanoSIMカードは、iPhone6/6 Plus/5s/5cでも、nanoSIMカード対応のAndroidスマートフォンでも、iPhone/Androidのどちらでも使い回しできることが判明しました。

NTTドコモ新プランと旧プラン、iPhone/Android利用可否(ドコモ広報部に確認)
新料金プラン(カケホーダイ&パケあえる)契約nanoSIMカード

  • iPhone:使用可能
  • Android:使用可能

旧料金プラン(Android向け/Xiパケ・ホーダイ フラット等)契約SIMカード

  • iPhone:使用不可
  • Android:使用可能

旧料金プラン(Xiパケ・ホーダイ for iPhone)契約SIMカード

  • iPhone:使用可能
  • Android:使用不可 ※Xiパケ・ホーダイ for iPhone→Xiパケ・ホーダイ フラット等へ変更後は使用可能(9/1以降は変更不可)

Sauce:ITmedia Mobile

AndroidでiPhoneと同じnanoSIMカードに対応しているのは、次の2014-2015年冬春モデルです。ドコモは純正品としてSIMアダプターを提供しておらず、microSIMカード対応端末にSIMアダプターを使いnanoSIMカードを挿入することは正規の使用方法ではないとしています。したがって上記使い回しは、iPhoneとnanoSIM対応のAndroid端末に限られます。

nanoSIM対応Androidスマートフォン

  • Xperia Z3 SO-01G、Xperia Z3 Compact SO-02G、ARROWS NX F-02G、ARROWS Tab F-03G、AQUOS ZETA SH-01G、Disney Mobile on docomo SH-02G

確かに、新プラン導入以前では、iPhoneとAndroidはお互い契約したSIMでしか利用できなかったと記憶しています。ただし、上記のように旧プランiPhone契約SIMをAndroid契約SIMに変更すれば、両用可能でした。しかし、旧プランの変更は2014年8月31日で終了しており、現在ではすでにできません。
iPhone6/6 Plusは、ソフトバンク、au、ドコモの3社の中でドコモが最も人気がないと各所で報じられています。その理由の1つはドコモだけが旧プランで新規契約やMNP転入できないこと、機種変更の際旧プランでは月々サポートの対象外となっていますことが挙げられます。
新プランは通話をあまりしないユーザーには割高であるのは確かですが、今回、iPhoneとAndroidでSIMの使い回しが可能となったことで、新プランに新たな魅力が出てきたといえるかもしれません。
関連記事

ところで、iPadのSIMの場合はどうなのでしょうか。分かり次第追記したいと思います。
iPhone6に関する記事は[iPhone 6/iPhone 6 Plus]カテゴリにまとめてあります。
Twitter「@kobonemi」でも最新情報を即時ツイートしています。
iPhone 6・6 Plusの本体価格と料金について

iPhone 6・6 Plusの容量について

最適な保護ケースや保護フィルムの見つけ方

Apple Online Store

Amazon.co.jp

Power Support iPhone 6 用保護フィルム

Power Support iPhone 6 用保護ケース

Power Support iPhone 6 Plus 用保護フィルム

Power Support iPhone 6 Plus 用保護ケース