読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

マイクロソフト「Office Premium」と個人向け「Office 365 Solo」正式発表、10月17日発売、iPad版Office年内提供

ソフトウェア デスクトップPC ノートPC

日本マイクロソフトは、日本市場に最適化したクラウド対応のNew Office「Office Premium」「Office 365 Solo」を発表しました。
「Surface Pro 3」Office Premium搭載モデル、個人向けサブスクリプション版Office 365 Solo(1年)は11,800円で、どちらも10月17日発売。
iPad版のOfficeも年末までに展開されます。

ニュースリリース Microsoft Store
新しいOfficeは2つの種類があります。
New Office

  • Office Premium
  • Office 365 Solo

Office Premium搭載PC

  • 永続ライセンス+Office 365(1年間有効):OneDrive 1TB【容量無制限】、Skype無料通話(月間60分無料通話)、マルチデバイス対応(iPhone/iPad/Android)、無償サポート「アンサーデスク」
  • Office Mobile for iPhoneとOffice Mobile for Androidは台数無制限
  • Office for iPadは2台までのiPad
  • 搭載PCは永続的に無償で最新版のOfficeにアップデート可能、Office 365は2年目以降5,800円で継続可能
  • 3つのエディションあり
    • Office Personal Premium(Word/Excel/Outlook)
    • Office Home & Business Premium(Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote)
    • Office Professional Premium(Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote/Access/Publisher)
  • 全てのOfficeアプリケーションおよびサービスは商用利用可能
  • Surface Pro 3:Office Premium搭載モデルへ順次切り替え(価格据え置き)、Core i3モデル(10万円以下)10月2日予約開始・10月17日発売

Office 365 Solo

  • 11,800円(1年間の使用権)
  • 2台までのWindowsやMacで1年間利用可能(組み合わせ:PC+PC/PC+Mac/Mac+Mac)
  • OneDrive 1TB【容量無制限】、Skype無料通話(月間60分無料通話)、マルチデバイス対応(iPhone/iPad/Android)、無償サポート「アンサーデスク」
  • PCではOffice Professional Premiumに含まれる全てのアプリ、MacではOffice for Mac 2011に含まれる全てのアプリ
  • 常に最新バージョンが利用可能
  • Office Mobile for iPhoneとOffice Mobile for Androidは台数無制限
  • Office for iPadは2台までのiPad
  • 全てのOfficeアプリケーションおよびサービスは商用利用可能

Office 365 Soloは、Amazon、エディオン、ケーズ、上新電機、ピーシーデポ、ビックカメラ、ソフマップ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラで発売されます。

追記:上記OneDriveのストレージ容量制限が撤廃され、無制限となりました。

Amazon マイクロソフト製品ストア