読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Surface Pro4は新型MacBook Air同様Core M?サイズアップしPro3よりも低価格に?

Microsoft Surface Windows 10 MacBook Pro, Air

2015年に発売されるSurface Pro 4は、Intel Core MプロセッサとWindows 10を搭載するという情報が出ています。
しかも、Surface Pro 3よりも低価格になるといいます。

WCCFtechが伝えるところによれば、Surface Pro 4は、Appleとの対決姿勢を継続し、次のようなスペックになります。

  • Intel Core MプロセッサとWindows 10を搭載
  • Surface Pro 3に類似した解像度、13~14インチのディスプレイサイズ
  • 2バージョン発売
  • Surface Pro 3よりも価格が下がる

新しいSurface Proが13~14型になるという情報は以前にもありました。一方、Microsoft自身は新モデルもSurface Pro3と同サイズであることを示唆していました。Surface Pro3は12インチ 2160×1440ドット液晶を搭載しています。

スポンサーリンク



Haswell-UシリーズからBroadwell-Yシリーズへ

Surface Pro3は、Haswellこと第4世代Coreプロセッサ(Core i3-4020Y、Core i5-4300U、Core i7-4650U)を搭載しています。
Core i3モデルはYシリーズ、Core i5以降はUシリーズです。
Core MはBroadwell-Yというコードネームであり、Surface Pro4でCore M搭載ということはYシリーズになるということを意味します。
Yシリーズは、Uシリーズよりも省電力設計がなされておりタブレットや2in1に向いています。ファンレス設計も可能であり、Surface Proシリーズで採用されても不思議ではありません。

次期MacBook Airと同じプロセッサ?

新型MacBook AirもまたCore Mを採用するといわれています。

次期Surface ProがCore M搭載ということであれば、次期MacBook Airともますます競合するかもしれません(少なくともMicrosoftはそう考えるでしょう)。

ちなみに、現行MacBook AirはCore i5-4260UなどUシリーズを採用しています。

Surface Pro 4に関する最近の記事

Source:WCCFtech

Microsoft Store

Apple Store