読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

旧型MacでOS XのHandoffなど連係機能を可能にするContinuity Activation ToolがBluetooth USBアダプターを新たにサポート

Mac

古いMacでもOS X Yosemiteの連係(Continuity)を利用可能にする「Continuity Activation Tool(CAT)」がアップデートされ、新たにUSB接続のBluetooth4.0アダプターをサポートしました。

CAT 2.0では、対応するMacに本体にBluetoothを増設することなく、Bluetooth 4.0 USBアダプター/レシーバーをUSBポートに接続することでHandoffなどOS X Yosemiteの連係機能を利用できるようになります。

dokterdok「Continuity Activation Tool」は、Appleが公式にはサポートしていない古いMacの一部で連係機能を利用可能にするツールです。

どのMacなら連係(Continuity)機能を使えるようになるのかは、最新の対応一覧表で確認できます。

今回のアップデートで利用可能になったMacは黄緑と青色で示されています。
黄緑の対象はBluetooth 4.0アダプターあるいは新しいAirPort Extremeカードのどちらでも好きな方を選択できます。青色の対象はBluetooth 4.0アダプターを使うことで可能とします。

スポンサーリンク


「Continuity Activation Tool」は非公式のツールであり、すべてのBluetooth USBアダプターが利用できるわけではなさそうです。
推奨されているのは、Broadcom BCM20702チップを搭載する製品です。このチップは連係機能をサポートするMacに採用されているものと類似しています。
Bluetooth USBアダプターを使う場合、たとえばInstant Hotspotは現在のところ正常に動作しないようです。

「Continuity Activation Tool」のインストール方法や使い方は公式サイトGitHubをご覧ください。
また、日本でも複数のユーザーが導入方法を紹介しています。たとえば次のサイトを見つけることができました。

via Mac Rumors

Apple Store

Amazon.co.jp