読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Mac向けChrome最新版は64bitのみ~OS X 10.6 Snow Leopardまでは利用できず

Mac Mac mini MacBook Pro, Air iMac

Googleが配信開始したMac OSX向けのブラウザ「Chrome 39」はMac向けでは初めて64bitをサポートしています。

一方、このバージョンからGoogleは32bit版の公開を終了しました。

つまり、「Chrome 39」は64bitバージョンのみであり、32bit向けは「Chrome 38」が最後のバージョンなります。


64bit版だけになった影響

Chromeが64bitバージョンのみとなったことで、どのような影響を及ぼすでしょうか。

自分のMacが64bitに対応していれば、おそらく大きな問題は生じないでしょう。

一方、32bitしか対応しないMacでは、今後、機能面だけでなくセキュリティ面でも不安の残る32bit版の古いChromeを使い続けるしかありません。

64bit対応Mac

現行のMacであれば、64bitをサポートしています。
Appleが32bitから64bitに完全に移行したのは2007年8月。それ以降のMacであれば大丈夫でしょう。

個々の製品では次の時期に64bitに移行されました。

  • MacBook Pro 2006年10月
  • iMac 2006年9月
  • Mac mini 2007年8月
  • MacBook Air すべてのモデルが64bitをサポート

32bit版のIntel Macをサポートする最後のOS Xは、2009年8月にリリースされたOS X 10.6 Snow Leopardです。
したがって、Snow Leopardを含むそれ以前のバージョンのOS Xを利用している場合、「Chrome 38」が最後のバージョンです。

他の選択肢

もし、32bit対応のMacを使うなら、「Chrome 38」を使い続けるか、OperaやFirefoxなど32bitをサポートする他のブラウザを利用するという方法もあります。
あるいは、そろそろMacの買い替え時期なのかもしれません。

Source:ZDNet

Apple Store

ビックカメラ.comicon

Amazon.co.jp