読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Nexus6の分解レポート~Sony Exmor IMX214カメラ、iPhone6 Plusと同型LTEモデム、3GB RAMなど

Nexus 6

「Nexus 6」の分解をiFixitが実施しています。
リアカメラはSony Exmor IMX214、iPhone 6 Plusよりも大容量のバッテリー、LTEチップはQualcomm MDM9625M、SK Hynix 3GB RAM、SanDisk 32GB eMMCストレージ等が搭載されていました。

ついでに、15分充電で6時間駆動可能な高性能USB充電器も分解されています。

分解難易度は、iPhoneなどApple製品と比べれば容易だと評価されています。

背面パーツ

背面カバーは取り外しできないよう接着剤で固定されています。接着剤はそれほど強くはないようですが、爪などで容易にはがせるわけではなく、iFixitはおなじみの特製ピック(ギターピックにそっくり)を使ってカバーを開いています。
カバーを開き、特殊なネジ(22 T3 Torx screws)を外してフロントパネル、バッテリー、ロジックボードなど中身にアクセスします。Nexus6に用いられているネジはこの1種類だけす。

スポンサーリンク



カメラ

背面の特徴的なカメラは、Sony Exmor IMX214 CMOSセンサーが採用されています。
HTC OnePlus Oneと同型です。

バッテリー

3.8V、3220mAh(12.2Wh)のバッテリーを搭載しています。
ちなみに、iPhone 6 Plusは、3.82V 2915mAh(11.1Wh)です。


メモリーとストレージ

  • SK Hynix 3 GB LPDDR3 RAM
  • SanDisk SDIN9DW4-32G 32GB eMMC NAND Flash

CPU

  • Qualcomm Snapdragon 805 SoC

通信

  • Qualcomm MDM9625M LTE Modem
  • Broadcom BCM4356 802.11ac + Bluetooth 4.1 IC

iPhone 6 Plusも同型のLTEモデムです。

付属ACアダプター「Motorola Turbo Charger」

  • QualcommのQuick Charge 2.0 技術に対応
  • わずか15分の充電で6時間駆動可能
  • 3種類の出力に対応(5 V/1.6 A、9 V/1.6 A、12 V/1.2 A)

その他

microUSBポート、スピーカー、SIMスロット、バイブなどはマザーボードに直付けされています。そのため、故障した際はマザーボードごと交換です。

Source:iFixit

比較として、Nexus9やiPhone 6 Plusの分解レポートも合わせてご覧ください。


Nexus6の関連記事



Y!mobile(ワイモバイル)

Google Play Storeの端末

Amazon.co.jp
Amazon Nexusストア