読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iOS8.1.1アップデートでiPadやiPhoneの空き容量が増えることが判明

iPad iPad 3 iPad 4 iPad Air iPad Air 2 iPad mini iPad mini2 iPad mini3 iPhone iPhone 5 iPhone 5C iPhone 5S iPhone 4S SIMフリー iPhone 6/iPhone 6 Plus

Appleは先日iOS 8.1.1をリリースしました。
iOS8.1.1ではバグフィックスの他、iPhone 4sとiPad 2のパフォーマンスの改善が含まれています。
しかし、それだけに留まらず、すべてのiPadとiPhoneユーザーにとってもアップデートすべきであるようです。

iMoreのRene Ritchie氏によれば、iPadにiOS8.1.1をインストールすることで、平均して500MBの空き容量が生まれます。
空き容量が確保できたことは、複数の読者の報告やRitchie氏によっても確認されました。
Ritchie氏の場合、iPad mini3でアップデートの前に7.4GBの空き容量だったものがアップデート後7.9GBに増えました。同様に、iPad Air2では40.9GBから42.8GBに増えたとのこと。後者の場合、一気に1.9GB分も増えたことになります。


スポンサーリンク



特に16GBモデルにとって嬉しいアップデート

平均500MBというのは、最大128GBのストレージを搭載するiPadやiPhoneにとってそれほど大きいとは感じないかもしれません。
しかし、最小容量である16GBモデルを所有するユーザーにとっては、決して小さいものではないでしょう。
Appleは、新しいバージョンのiOSでどんな処理を施したのかはわかりません。ただ、以前と比べて余分がスペースを確保できるようになったのは確かです。

記事ではiPadシリーズにおいて空き容量が増えたことが書かれていますが、記事のコメントに寄せられたユーザーの報告をみると、iPhoneでもアップデート後に容量が増えているようです。増えた量はモデルやユーザーによってまちまちですが、たとえばiPhone6で300~400MB、5sで500MBという報告を確認できます。

Source:iMore

更新:初出時記事の一部で500MBのところを500GBと書いておりました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

Apple Store

ビックカメラ.comicon

Amazon.co.jp