読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

Apple、新型Lightningの仕様を公開~従来よりも薄型化され低価格、用途も多彩に

iPhone iPod iPad

Appleは、「Made for iPhone/iPad/iPod」で知られるMFiライセンスプログラムにおいて、サードパーティメーカーに新しいLightningコネクタとレセプタクルの仕様を公開しました。
新しいLightningは、これまでよりも安価になり、薄型化され、さまざまな周辺機器で利用できるようになります。
もちろん、従来のものと互換性があります。

写真はiPhone5と共に発表されたLightningケーブル(2012年のAppleスペシャルイベント)

Lightningアクセサリーが低価格に

コストが下がり、サードパーティメーカーはLightningコネクタはこれまでよりも安く提供できるようになります。

使い勝手が良くなる

アクセサリーとiOSデバイスとの両方に給電できるようになります。つまり、アクセサリーメーカーは自社の製品にLightningポートを内蔵できるようになります。
たとえば、バッテリー内蔵の保護ケースは現在microUSBポートなどを搭載し、iPhoneにはLightningケーブル、バッテリー内蔵ケースにはmicroUSBケーブルを使い充電する必要があります。
新しいビルトインLightningポートでは、既存のLightningケーブルを使ってアクセサリーを充電できます。
ヘッドフォンでは、従来の3.5mmイヤフォンプラグの代わりにLightningコネクタを搭載し、そのままヘッドフォンの充電も可能になります。

スポンサーリンク



新しいデザイン

Appleは各種アクセサリー向けにLightningコネクタの複数のバリエーションを用意しているようです。また、新しいLightning receptacleも用意されます。receptacle(レセプタクル)とはコンセントあるいはソケットのことでしょうか。
新しいLightningコネクタ(C68)は現行(C48)よりもスリム化されたロープロファイル・バージョンです。
これら新しいLightningコネクタとレセプタクルは、2015年前半にアクセサリーメーカーに出荷されます。

関連記事

Source:9to5Mac

Apple Online Store

Amazon.co.jp