読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iPhone 6 Plusで得られる、意外かもしれない5つの悪いこと

iPhone 6/iPhone 6 Plus

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が発売されてもうすぐ2カ月が経過します。
iPhone 6/6 Plusの購入を迷っているなら、買う前に知っておきたい5つのポイントを紹介します。
特に、iPhone6/6 Plus(特にiPhone 6 Plusについて)を使うことで得られる5つの悪いこと(良いことではなく)をOS X Dailyがまとめており、参考になるかと思います。


大画面には結局慣れる

iPhone 6 Plusを購入しようかと迷うとき、誰でもその大きさに戸惑うはずです。
こんなに大きいのに使いこなせるのか、と思うかもしれません。

実際に購入して使い始めると、iPhone 5s/5cやiPhone 4sに慣れていればいるほど、iPhone6/6 Plusは巨大に思えるでしょう。
しかしながら、その感覚はほんの数日で消え去ってしまうことでしょう。人間の馴れとは恐ろしいものです。

一方、別の副作用があなたを待ちうけているかもしれません。

これまで使用していたiPhone 5s/5cやiPhone 4sを手に取ると、違和感を覚えます。
こんなに小さなデバイスを今まで使っていたんだと思うかもしれません。
そうなると、もう後には戻れません。
あなたはすでにiPhone6/6 Plusの大きさに慣れてしまったのです。

iPadを使わなくなる?

より大きなiPhone 6 Plusを使い慣れてくると、次第にあなたのiPadに触れる機会が少なくなる可能性があります。
もうまったくiPadを使うのをやめた人もいるかもしれません。

もちろん、最新のiPad Air 2の軽さがあれば、必ずしもそうは思わないでしょう。
サイズ的に、iPhone 6 Plusにより近いiPad miniの場合は更に深刻かもしれません。

興味深いのは、iPhone 6 Plusで満足できない場合、iPadに向かうのではなく、Macに向かうことです。
OS X YosemiteとiOS8の連携は強化され、iOSユーザーがMacを使ってみたくなることは十分あり得ます。

滑らか過ぎるボディ

iPhone6/6 Plusのボディの端は滑らかにカーブし、実際に手にとってみるとサイズの割に大きいとは感じさせないように設計されています。
アルミニウムを採用したボディは見た目も美しく、完成された美しさがあります。
一方で、これがものすごくツルツルしているのです。

iPhone6/6 Plusをソファやクッションなど布製のものの上に置いてみると、見事に滑って行きます。
パンツをはいた膝の上でもそう感じるかもしれません。

パンツの、あるいはズボンのポケットにしっかりと入れておいても、体を動かしているうちに、するりと滑り落ちそうになることにも十分注意しなければなりません。

これまでiPhoneを裸で使っていた人も、iPhone6/6 Plusでは保護ケースを装着することを検討した方が良さそうです。

スポンサーリンク



保護ケースがほぼ必須となる

iPhone6/6 Plusにとって理想的な保護ケースとはどんなケースでしょうか。

もともと大きなiPhone6/6 Plusに保護ケースを装着する場合、それ以上大きくなっても困るので、できればスリムな製品を選びたくなるかと思います。一方、上述の滑りやすさから、薄いケースでは保護性能に不安が残ります。

Appleは純正ケースを用意しています。
シリコン製とレザー製の2種類があり、iPhone6/6 Plusとのマッチングもフィット感も良好です。
より保護性能を高めたいなら、サードパーティ製の保護ケースも豊富に販売されています。

ただし、あまりの種類の多さに途方にくれるかもしれません。

私は、Apple純正のシリコンケースを愛用しています。
ケースを装着することで滑りやすさはなくなり、手に馴染みます。もちろん、デザインも素晴らしいです。
難点は、サードパーティ製と比べて割高なこと、Apple Store以外であまり販売されていないため、入手しずらいことなどです。

iOS8の、あるいはデバイスに固有の問題

一部ユーザーの間で、iPhone6/6 Plusが突然再起動してしまうことが報告されています。
OS X Dailyの筆者は、1週間に2~3回そういった現象を経験しています。

もちろん、まったくそんなことを経験していないユーザーも多いでしょう。私もその1人です。

こうした問題は最新のiOSでは珍しいことではありません(おそらくAndroidでもそうでしょう)。iOSがアップデートされていき、そうした問題は解消されると思います。

反対に、良い点をコンパクトに

巨大なスマートフォンを持ち歩くのは苦にならないか

上述のように、巨大であることはすぐに忘れます。

ポケットに入れやすいか

デザインと材質のおかげで、予想以上に入れやすいと感じます。
パンツのポケットもスリムなパンツでない限りは大丈夫かと。
ジャケットや上着のポケットであれば、違和感はより少ないでしょう。
ただし、上述の通り、滑りやすいので保護ケースは着けた方がよいでしょう。

バッテリー

これは大きな特典です。
iPhone5sやiPhone4sと比べて、だいぶ余裕を感じます。
実際に1日中使っても、(使い方にもよりますが)バッテリーが切れる心配をすることがずっと少なくなることは確かです。

Source:OS X Daily

iPhone6に関する記事は[iPhone 6/iPhone 6 Plus]カテゴリにまとめてあります。

Twitter @kobonemiでも最新情報を即時ツイートしています。

iPhone 6・6 Plusの本体価格と料金について

iPhone 6・6 Plusの容量について

最適な保護ケースや保護フィルムの見つけ方

Apple Online Store
Apple Online Store iPhoneストア

Amazon.co.jp

iPhone 6 液晶保護フィルム

iPhone 6 ケース・カバー

iPhone 6 Plus 液晶保護フィルム

iPhone 6 Plus ケース・カバー