読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

総務省、SIMロック解除義務化~来年5月以降の新製品に

iPhone Android iPad

総務省は、2015年5月以降に発売される端末からSIMロック解除を義務付ける方針として、10月中にも新制度を発表することを日本経済新聞が報じています。

年内にも正式決定、来年5月より適用

新制度発表後、公募による意見を求め、年内に正式決定されるとのこと。
SIMロック解除は来年5月以降の新製品から適用されます。
新制度により、利用者の求めに応じ、携帯電話会社はSIMロックを解除しなければなりません。記事では来年秋に発売される新型iPhoneも対象になるとしています。

なお、原則的に端末発売直後からSIMロック解除が義務付けられますが、解除しなくてもよい条件もあるようです。毎月の端末代金を払わない利用者、転売目的の利用者などです。
そうした利用者に対し、どの程度の期間でSIMロック解除に応じるかは各キャリアが決定できるようです。現在主流の2年契約終了以降は、解除されると予想されます。

スポンサーリンク



SIMロック解除の義務化の期待と懸念

SIMロック解除の義務化により、格安SIMにも乗り換えやすくなることが期待されています。
自分の好みの端末で、自由に携帯電話会社を乗り換えることが可能となり、より安いサービス、魅力的なサービスに人気が集まりそうです。
結果として、割高な携帯電話料金が下がることにもつながると期待されています。
一方、SIMロック解除が義務化されると、端末価格が上昇するという懸念もあります。そうした意見は、総務省の発表後に検討されていくものと予想されます。

iPhoneやiPadのキャリア版もSIMロック解除可能に

今年発売されたiPhone6/6 PlusやiPad Air2/iPad mini3は、ドコモ・au・ソフトバンクの販売するモデルはSIMロックが施されていますが、Apple Storeの販売するモデルはすべてSIMフリーです。

来年の新モデルでは、携帯電話会社の販売するモデルも、利用者が希望すればSIMロック解除されることになりそうです。

SIMフリーや格安SIMについては、下記記事もご覧ください。

Apple Online Store

Amazon SIMカードストア