読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

iMac 5K Retinaのベンチマーク、現行Mac Pro(Late 2013)ローエンドを超えるパフォーマンス

iMac Mac Pro

新型「iMac 5K Retinaディスプレイモデル」(Late 2014)の画面の美しさや広大さは十分伝わってきますが、
パフォーマンスはどうなのでしょうか。

旧型iMac(Mid 2014/Late 2013)や現行Mac Pro(Late 2013)とのベンチマークを比較してみたいと思います。

iMac 5K Retina

結果を先に書けば、iMac 5K Retinaは、ローエンドのMac Pro(Late 2013)を上回るベンチマークスコアを計測しました。シングルコアでは最上位モデルさえ凌駕します。

【1】新旧iMacのベンチマーク比較

Primate labsによるGeekbench 3のベンチ計測結果を見てみます。
薄い水色が新型iMac 5K Retina、濃い水色がiMac(Late 2013)ないしiMac(Mid 2014)です。

シングルコアのベンチ

iMac 5K Retina Geekbench シングルコア

トップは、新型iMac 5K RetinaにCore i7-4790KのオプションCPUを搭載したハイエンドモデル。Haswell Refresh最上位のCPUであり、当然の結果でしょう。
iMac 5K Retinaの標準構成モデル(Core i5-4690)は、Core i7-4771を搭載したiMac(Late 2013)27インチ、Core i7-4770S搭載のiMac(Late 2013)21.5インチに続きます。これもCPUスペックから見れば順当な順位です。

スポンサーリンク



マルチコアのベンチ

iMac 5K Retina Geekbench マルチコア

マルチコアでも、シングルコアと同様の結果となっています。
iMac 5K Retinaハイエンド(Core i7-4790K)はiMac史上最高のパフォーマンスであり、2位よりも約10%高いスコアです。

新モデルが旧モデルを凌駕するのは当然として、最上位のMacデスクトップである、Mac Proと比べてはどうでしょうか。

Apple Mac Pro
(Mac Pro Late 2013)

【2】iMac 5K RetinaとMac Pro(Late 2013)のベンチマーク比較

シングルコア

iMac 5K Retina、Mac Pro、Geekbench シングルコア

iMac 5K Retinaはハイエンドモデル/標準モデル共に、シングルコアにおいて、Mac Pro(Late 2013)を上回る結果を出しています。新型iMac 5K Retinaは、現行Mac Proの最上位よりも約25%も高い結果です。

iMac 5K Retinaの搭載するCore i7/Core i5は、Mac ProのXeonよりも周波数が高く、それがそのままスコアにも現れているようです。

マルチコア

マルチコア環境では、上位陣が入れ替わりました。
当然、コア数の多いMac ProはiMac 5K Retinaを上回るスコアです。

ただし、ローエンドのMac ProとiMac 5K Retinaを比較すると、iMacも十分健闘していることが確認できます。
iMac 5K Retinaハイエンドは、Mac Pro(Late 2013)ローエンドを超えるスコアとなり、iMac 5K Retina標準モデルもMac Proに近い結果となっています。
Mac Pro(Late 2013)ローエンドはXeon E5-1620 v2は4コアです。一方、iMac 5K RetinaのCore i7/Core i5も4コアなので、このような結果になると考えられます。

結局、iMac 5K Retinaの性能は?

したがって、マルチ環境を十二分に生かせるようなハードな作業をしなければ、iMac 5K RetinaでもMac Pro同等以上のパフォーマンスを期待できるでしょう。

iMac 5K Retina関連記事

Apple Store

ビックカメラ.comicon Macは5%ポイント還元

Amazon.co.jp