読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型Mac mini(Late 2014)分解レポート~メモリー・CPUも半田付け、ストレージは2.5型7mm厚

Mac mini

新型「Mac mini」(Late 2014)の詳細な分解レポートをiFixitが公開しています。
事前情報の通り、メモリーはロジックボードにはんだ付けされていました。
更に、CPUが直付けであることも判明し、自作PCユーザーなど購入後のパーツ交換を楽しみたいユーザーにとっては残念な仕様となりました。

Mac mini(Late 2014)分解レポート iFixit

Mac mini(Late 2014)~メモリーとCPUが直付け、ストレージは交換可能

今回分解されたのは、Mac mini(Late 2014)のローエンドモデルです。
ローエンドモデルは、Core i5(1.4GHz)、4GB RAM、500GB HDDを内蔵しています。

分解により判明した特筆すべき事実は、次の3点。

  • CPU ロジックボードに直付け
  • メモリー ロジックボードに直付け
  • ストレージ 2.5インチ内蔵HDDを採用、SATAポートは1つに

なお、筐体を開くにはT6 Torxネジ(トルクスねじ。しかもかなり小さいタイプ)を回すドライバーが必要です。



ロジックボード


(ロジックボード表面)
メモリー(写真・赤色の枠)は、Samsung製LPDDR3 DRAM。しっかりとロジックボードに半田付け。
ギガビットイーサネットはPCIe接続のBroadcom「BCM57766A1KMLG」。
ThunderboltはIntel「DSL5520」Thunderbolt 2コントローラ。


(ロジックボード裏面)
CPUはIntel Core i5-4260U(写真・赤色の枠)。こちらもメモリー同様にロジックボードに半田付け。

ストレージ


(ストレージ・トレイ)
内蔵HDDはHGST製500GB、7mm厚、5400回転モデル。
内蔵ストレージ用SATAは1つ。旧モデルでは2つでした。
その代わりに、トレイ上にはブレードスタイルのPCIe接続SSDを取り付けるソケットがあります。すなわち、Mac miniでもFusion Driveが利用できます。

その他、AirPortカードには、新たに搭載された802.11ac Wi-Fiとして、Broadcom「BCM4360KML1G」が搭載されていました。BluetoothはBroadcom「BCM20702」Bluetooth 4.0 HCIです。AirPortカードもPCIe接続となっています。
また、電源ユニットは2012年モデルや2011年モデルと同一だったようです。

新型Mac miniに関しては次の記事もご覧ください。

Apple Store

ビックカメラ.comicon Macは5%ポイント還元

Amazon.co.jp
Apple 2014年秋 新製品特集