読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型Mac mini(Late 2014)、メモリー直付けの模様~増設や交換は不可【ストレージ交換可能】

Mac mini

新型Mac mini(Late 2014)は、メモリー増設や交換ができないようです。
旧型Mac mini(Late 2012)ではメモリーは直付けではなく、メモリースロットを採用し、対応するメモリーをユーザー自身が交換・増設が可能でした。
Apple Mac mini Late 2014
新型Mac mini(Late 2014):Apple Store

メモリー直付け~新モデルの残念な点に

ほとんど外観上の違いはない新モデル。
ところが、新型Mac mini(Late 2014)では、メモリースロットではなく、メモリーははんだ付けされているようです。そもそもメモリーにアクセスするフタ?もない模様。

新モデルは、標準で4GBないし8GB RAMを標準搭載しています。

Mac mini(Late 2014)
  • ローエンド Core i5 1.4GHz Intel HD Graphics 5000 4GB RAM 500GB HDD 52,800円
  • ミドルエンド Core i5 2.6GHz Intel Iris Graphics 8GB RAM 1TB HDD 74,800円
  • ハイエンド Core i5 2.8GHz Intel Iris Graphics 8GB RAM 1TB Fusion Drive 106,800円

メモリー増設はApple Storeモデルのみに

メモリーがはんだ付けされているとすれば、購入後メモリーを増やすことはできません。
したがって、標準以上のメモリーが必要な場合、Apple StoreのCTOオプションであらかじめメモリーを増やしておくしか方法がありません。

新型iMac Retina 5Kディスプレイモデルは可能

ちなみに、同時に発売したiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、メモリースロットを4基搭載し、ユーザー自身による増設や交換に対応します。

詳しいことは、iFixitなどによる分解レポートを待つ必要があります。
なお、旧モデルではストレージの交換も可能でしたが、新モデルはどうなっているのか、続報を待ちたいと思います。
Source:Mac4Ever

追記:ストレージはユーザーによる交換は可能の模様。ただし、保証対象外になる可能性あり。
Source:Macminicolo Blog via Mac Rumors


Apple Store

ビックカメラ.comicon Macは5%ポイント還元

Amazon.co.jp
Apple 2014年秋 新製品特集