読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼねみ

iPhone/iPad/Android/Windows/Macなどの最新情報をお届け

スポンサーリンク

新型12インチMacBook(Early 2016)の分解:バッテリー容量5474mAhで2015年モデルにも互換性

MacBook Pro, Air

新しい12インチMacBook(Early 2016)の分解レポートをiFixitが公開しました。

分解されたのは、1.1GHzのIntel Core m3-6Y30を搭載する下位モデルのローズゴールド。

2015年モデルとの違いや興味深い点を抜き出すと、

  • ボディの外側のネジは特殊なペンタローブだが、内部には普通のプラスネジも使われており、メンテナンスしやすくなっている。追記:しかしながら、ヒンジネジは接着剤で固定されており油断はできなそう
  • USB-Cハードウェアも2015年モデルのものから変更されている。ただし、性能は2015年モデルと同じUSB 3.1 Gen 1(最大5Gbps)
  • バッテリーは7.56V、41.41Wh、5474mAh。2015年モデルは7.55V、39.71Wh、5263mAhで約4%の容量アップ。Appleの仕様では新モデルはワイヤレスネット接続で旧モデルよりも1時間多い最大10時間駆動
  • メモリーはSamsung製8GB DDR3L SDRAM、ストレージは東芝製256GB MLC NAND Flash
  • プロセッサ、メモリー、ストレージはすべてロジックボードにはんだ付けでユーザーの交換や増設は不可能

という感じです。

iFixitによる修理の容易さは10点中1点。数字が大きいほど容易なので、修理はかなり困難とみてよいでしょう。



個人的に注目はバッテリー。
iFixitは、バッテリー増量はバッテリー自体の進化と考えており(とはいえAppleのエンジニアがボディを削り厚みの増したバッテリーを収めている可能性もあるがとも断っている)、新しいバッテリーが2015年モデルとも互換性があると指摘しています。今後、Apple Storeなどで2015年モデルのバッテリーを交換する際、運良く2016年モデルの増量バッテリーを内蔵してもらえるかもしれません。


スポンサーリンク


www.kobonemi.com


Source:iFixit

Apple Store

Amazon.co.jp